アプリ開発での事前チェックリスト

  • どのようなアプリを作るか明確にする
  • 実装までにどの程度の費用がかかるか計算する
  • どの年代をターゲットとしたアプリにするかを考える
  • ウイルス対策に何が必要なのかをチェックする
  • アプリ開発を委託する場合は、コンサルタント費用のチェック
  • 多種多様な端末に合わせて仕様を考える
  • 審査にかかる時間を確認しておく

androidアプリとiOSアプリの違い

アプリ開発を考えたときに誰もが思うのが、「androidアプリ」と「iOSアプリ」のどちらを作るかでしょう。androidアプリとiOSアプリにはそれぞれメリット・デメリットが存在しています。アプリ開発を考えているのなら、こちらでそれぞれのメリットを比較しておきましょう。

androidアプリとiOSアプリのメリット

androidアプリ

・世界規模で見たときのシェア率が高い
・アプリの数が少ないのでランキングに乗りやすい
・審査自体が通りやすく、好きなタイミングでリリースできる
・プログラミング言語が「java」

iOSアプリ

・日本でのユーザーのアプリ利用率が高い
・プロモーションがしやすい
・女性ユーザーの割合が高い
・検証端末が少なくていい
・セキュリティが高く、ウイルス感染のリスクがほぼない

アプリを作る

スマホ

iOSアプリを開発

現代において、日本ではiPhone、ipad、macなどのapple製品を利用しているユーザーは数多く存在しています。特に、iPhoneの普及率は目覚ましいものがあり、日本では2人に1がiPhoneを使っていると言われているほどです。そのため、今iOSアプリ開発のビジネスが注目されているのです。もしも、アプリ開発を考えているというのなら、iOSアプリを選んでみてはいかがでしょうか。

通訳アプリを導入する

サービス業界のテクノロジー化も進んでいて、飲食店の多くがタブレット端末を利用したテレビ電話型の通訳アプリを導入しています。この通訳アプリでは、リアルタイムで多言語対応してくれるので、海外の方とのコミュニケーションを簡単にとることができ、多くの企業から重宝されています。海外の方をターゲットとしたビジネスを展開される場合には、通訳アプリの導入を検討しましょう。

[PR]

ipadのアプリ開発を対応してくれる業者を利用したいなら注目!
自社製品の売り上げをグッとアップさせよう☆ アプリ開発会社に見積もり依頼!
初めてなら利用の流れをチェック お店に通訳アプリを導入しよう!
無料のトライアルキャンペーンを実施中!

[PR]

広告募集中