アプリ開発を委託する

IT

アプリ開発に必要なもの

一からアプリを作るために、まずはアプリ開発に何が必要なのかを考えてみましょう。例えば、アプリ開発には当然のことプログラムを制御する「プログラマー」や顧客が満足してアプリを使うために、フリーズや処理落ちなどの問題や改善点を見つけ、指摘する「デバック」など。他にも実際に売り出すためにマーケティングを行なうコンサルタントやシステムを組み立てるソフトウェアなども必要になってきます。

アプリ開発をサポート

アプリ開発に必要なものを用意できないという場合には、アプリ開発をサポートしてくれる委託するというのもいいでしょう。また、その場合にはアプリ開発の実績が高い会社を選ぶことが大切です。開発実績が高いということは、顧客満足度も高く、信頼と技術の両方を兼ね備えているということです。そして当然、実装後のマーケティング戦略もしっかりと練ってくれる会社を選びましょう。

アプリ開発に関する口コミ

androidの方が簡単

androidで使用する開発言語は「java」ですから、プログラミング初心者でも覚えやすいです。そのため、初めてアプリ開発に携わる方でも難しいと感じることも少ないのではないでしょうか。実際、私もjavaに関する知識は全然持っていませんでしたが、アプリの開発時に習得し、無事アプリを完成することができました!(男性 46歳)

審査が通りやすい

以前、iOSアプリを開発しましたが、apple社の審査が通らずに実装することができませんでした。しかし、仕様を少し変えてandroidアプリを開発したところ見事に審査が通り、androidで提供することができました!審査の通りやすさではandroidアプリの方がいいかな!(男性 33歳)

セキュリティ面はiOSアプリ

iOSアプリは審査が厳しいことが有名ですが、セキュリティ面においてはandroidアプリよりも非常に優秀でウィルス感染するリスクが最小限に抑えることができます。せっかく、開発したアプリをウィルス感染などでダメされたくなかったらiOSアプリを選ぶべきですよ。実際、私はiOSアプリを選んで良かったと思っています!(男性 42歳)

画面設計ならiOS

androidの場合には提供されている機種も世界では多種多様なものです。そのため、アプリ開発での画面設計に苦戦する方も多いです。しかし、その点、iOSアプリなら対応している端末も元々少ないので、検証する時間や人員を削減することができますよ。(女性 31歳)

フリーソフトでも作れる

アプリ開発するなら、まずは初心者向けのandroidアプリを開発してみることをおすすめします。また、プログラミングの知識さえあれば、無料で提供されているフリーソフトでも様々なアプリを作ることができます。もちろん、それには技術が伴いますが、アプリ開発の費用を安くしたい方はフリーソフトを使うといいでしょう。(女性 43歳)

広告募集中